2007年09月09日

ハワイでの食事

前回はヒルトンに泊まったため朝食はチケットでヒルトンのレインボーラナイかタパカフェでほとんど済ませたのですが、初日の朝食だけ雑誌に載っていたエッグスンシングスという所に行ってみました。その名の通り卵主体の料理が多い店です。クレープやオムレツ、パンケーキなどがあるのですが、これがものすごいことになっていまして、ちょっとチョイスを間違うといい話のネタになります。

パンケーキ(もしかしたらクレープだったかも)の上に生クリームの載っているのを他の日本人が食べているのを見たのですが、ありえません!!生クリームが30センチぐらいの高さで富士山のようにパンケーキの上に載っているのです。で、なぜかそのようなものを注文しているのは日本人ばかりで白人の人たちは適度な量の料理を注文しているのですよ。私はそんなに凄いのは注文しませんでしたが、それでも量が多くて食べれませんでした。とりあえずココに行くときはカメラ持参で出てきた料理を撮影しましょう。おもしろいみやげ話になりますよ。味は普通です。

イタリアンでアランチーノがおいしいと以前書きましたが、中華ではクヒオ通り沿いにあるチャイナガーデンがなかなかおいしかったです。ランチだと10ドルぐらいからありますが、私はディナーを食べに行きました。30〜40ドルぐらいのコースを食べたのですが(もしかしたらもう少し高かったかも。しかしコースは30ドルぐらいからあります。)出てくる料理どれもがおいしかったのを憶えてます。

特にダンジネスクラブと呼ばれる蟹の料理はよかったですね。一匹丸ごとでてきまして見た目はあまり良いと思わなかったのですが味は素晴らしかったです。
このダンジネスクラブはアメリカのワシントン州のダンジネス湾にちなんで名づけられた蟹だそうでワシントン北部の海岸やカリフォルニアに生息しており、西海岸のシーフード料理として有名で高級食材の定番だそうです。また 高級海鮮中華料理として利用されアジアなどに大量に輸出しているそうで近年シーフードグルメの間でブームとなっているそうです。

この蟹次回も行ったら食べたいですね。またそのあとのチャーハンも文句ない出来で、この店は多分どの料理も外れのない店だと思われます。それに店員さんも、私達の対応をしてくれた人は日本語バリバリで礼儀正しく親切でした。多分中国の方だと思いますが。私達の後に来た中国の団体客に中国語らしい言葉で流暢に話していましたから。

ちょっと注意して欲しいのは、カラカウア通りからDuke's Laneを歩いて行ったのですが、夜Duke's Laneを歩くのは注意したほうがいいです。結構ヤバイそうな人たちいっぱいいます。クヒオ通りに近いほうでドラッグ売りつけられそうになりましたので。なるべくなら夜は違う道を通っていったほうがいいですよ。







banner1.gif
posted by rom at 20:03 | TrackBack(0) | 旅行>ハワイ | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/54623703
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。