2010年09月27日

カテーテルアブレーションその後 2

今もちゃんと生きていますよ。

じつは前回の手術後20日程たったぐらいで、再び不整脈が復活してしまいました。
まあ20年近くも不整脈だったので、その期間が長ければ長いほど1回の手術では直る確率が低いとも言われていたので予想はしていたのですが、暫く不整脈が出ない状態でいきなり出るとかなりビックリします。こんなに辛かったのかと感じました。苦しいですよね。

で、その後体の回復を待って半年後に再び手術を受けました。今年の1月です。

今回の手術は成功したようで、9ヶ月になりますが不整脈は出ておらず、途中ワーファリンがバイアスピリンになり、現在は順調に回復しているためバイアスピリンも服用しなくて良くなりました。

術後はかなり脈が速くなり90ほどになっていましたが、最近は60から70ぐらいですが、疲れてくると80から90ぐらいになります。脈の速いのは気にしなくて大丈夫ようです。だんだん日が経つにつれて遅くなってきます。メインテートのおかげかもしれません。ただメインテートのせいかどうかわかりませんが、服用している間足がむくんでしょうがありませんでした。

現在はメインテートも使っていません。
たまにドックンとするときもあり、期外収縮なのかもしれませんが不整脈は出ていません。

アブレーション受ける方はがんばってください。

そういえば前回手術のとき着けていた小フンドシは紙のブリーフに変わっていました。
かなりモッコリです。
私が退院する日に隣の人が手術だったのですが、看護士さんに紙のブリーフを見せられて、「そんなのじゃ俺のは納まらないぜ!」と自慢げに言っていました。
私のはあっさり収まりましたけど。




この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163932085
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。